DSC02338


和風の庭を散策できる
竹垣で目隠ししたプライベート空間
築山には緑が美しい苔を貼りました。景石をバランスよく配置し、四季を楽しめる落葉樹の中木を植栽しました。
お隣さんの窓からの視線は竹垣がカットしてくれます。人口竹垣なので、メンテナンス性、耐久性に優れています。
DSC02336
築山の左には、低木を列植しました。庭は芝貼ですが、築山から奥は砂利敷にしてメンテナンスしやすくしてあります。
DSC02339
小さな池も設置しました。飛び石で庭へと続くアプローチを作成しました。
DSC02348
重厚な門構えと石の表情が美しい板石のアプローチ
DSC02340
門の外から続くアプローチは玄関ポーチまで同じ敷石を使用しています。板石をずらしながらしいてR形状を表現しました。また、内側は玉石を埋め込んだデザインです。
DSC02342
日中は車がないので、タイヤの乗らない部分は芝貼にしました。車止めも設置して安全に駐車が出来ます。
門袖前と塗り壁の角には、ピンコロで花壇を設けました。
DSC02343
こちらのアプローチは、洗い出し仕上げで縁取りをピンコロ錆で仕上げています。洗い出しは使い骨材の色などで仕上がりの表情が変わります。
DSC02344
始まりと終わりがR形状で直線の混ざったアプローチです。周りは玉石を敷き詰めました。目隠しはベニカナメモチの生垣で囲っています。